発案者が発言した時に生じる言論と行動における矛盾が生じた場合

今日に始まったものではないが発案者に合わせて周りの作業員が準備に取りかかります。そこで企画を立案しながら打ち合わせをして開始に向けて構築をしていきます。構築していくうちの段階ごとに発案通りに出来ない場合になってきた場合に正誤の判断基準がどのように変わっていくのか心配になります。段階を進めていくうちに構築する成果が出てきます。それによって発案どおりに事が運べば良いのですが、運ばなくなった場合は更に改善作を講じなければいけません。しかし、それであれば上手く行かなかったので初めに戻れば良いのです。しかし、正誤が見えてこないうちに状況が変わりもないところで、突然の変更が生じると作業員の葛藤は絶え間なく続いてきます。なぜならば、作業員はそれぞれの工程において全身全霊を尽くします。それぞれのリーダーは居ますが発案者の支持に基づいて作業員は労力を惜しまないように構築していきます。そこで、言われた通りに構築しているのに急な変更事象が生じれば作業意欲は激減して衰退していきます。以上の事より指示を受けた作業員は発案者のために構築をしているのです。もし、タイトルのままに改善無き場合は仕方が無いためにこの状態を予測した準備をすることをお勧めいたします。
プログラミング バイト 大学生