安い中国製タイヤでロシアが大苦戦!?実際の性能とは?

本日はロシア情勢についてのお話です。
ロシアは2月24日、ウクライナへの本格的な侵攻を開始しました。
プーチン大統領の戦略は、数日間で首都キエフを占領し、ゼレンスキー大統領らを追放し、ウクライナをロシアの強い影響下に置くことであったのは明らかである。
しかし、ウクライナ軍の予想外の抵抗により、ロシアの進撃はキエフの北20〜30kmでストップしました。
そこでロシア軍は、隣国ベラルーシの出撃基地から多数の増援と物資を前線に派遣しました。
しかし、これらの戦車部隊は64kmに及ぶ大渋滞を引き起こし、部隊の増援も物資の補給も遅れてしまった。
衛星写真では、戦闘部隊と輸送部隊が混在するロシア軍の車両が延々と並んでいます。
しかし、原因については諸説あります。
そんな中、SNSで拡散された多くの写真を見た世界中の軍事タイヤの専門家はこう問いかけました。
ロシア軍が使用したタイヤが安価な中国製タイヤだったことが原因ではないか?
という指摘が相次いだのです。
米国防総省の元軍用タイヤ専門家と、現在も国防総省の顧問を務める軍用タイヤ研究家は、複数の米メディアにこう語った。
彼らは、国防総省だけでなく、SNSからも写真を提供されたようだが、その詳細は不明である。
安い中国製タイヤは国防費の大幅削減につながりますが、実際の戦争時に使えないと意味がありません。
やはり安全なモノを使うべきだと思います。
これは戦車に限らずですが、私たちの身の回りの車や電子機器なども安全なメーカーのものを使いたいと思いました。
ロシア情勢については引き続き注視したいと思います。
以上です。