ティーンエイジャーが体を動かすには!?

年齢を問わず、運動が健康に重要であることは周知の事実です。そして、子どもは運動することに何の問題もないと思いがちです。学校では体育の授業がありますし、小さい子には休み時間がありますし、組織化されたスポーツもたくさんあります。しかし、子どもたち、特にティーンエイジャーは、あなたが思っているよりもずっと活動的ではありません。
世界保健機関(WHO)によると、思春期の子どもたちは毎日少なくとも60分の中等度または活発な身体活動を行うべきだとされています。しかし、『The Lancet Child & Adolescent Health』誌に掲載された2019年の研究では、世界中の学校に通う青少年のうち、これだけの活動をしているのは20%未満で、女子は男子より活動量が少ないことが明らかになりました。米国では、その数値はわずかに高く、米国疾病対策予防センターによると、6歳から17歳の子どもの24%が1日60分間身体を動かしているとのことです。
子供たちにスポーツを楽しんでもらうために、親ができること
子供たちにスポーツを楽しんでもらうために、親ができること
このような悲惨な数字の背景には何があるのでしょうか?さまざまな要因があります。組織化されたスポーツの魅力は薄れつつあります。その主な理由は、費用の増加、時間の拘束、しばしば過当競争となる性質です。アスペン研究所によると、2018年に組織化されたスポーツをしていた6歳から12歳の子どもはわずか38%で、2008年の45%から減少しています。Covid-19の大流行が減少傾向をさらに加速させた可能性があると、アスペン研究所は「State of Play 2021」という報告書に書いています。
それから、テクノロジーもある。ピュー・リサーチ・センターの調査によると、米国の10代の若者の半数近くが「ほぼ常に」オンラインであると答えており、2014年から2015年のわずか24%から上昇しています。また、ほとんどの学校では休み時間や外遊びの時間はもはや必須ではないと、ヒューストンのテキサス大学MDアンダーソンがんセンターの上級臨床運動生理学者であるキャロル・ハリソン氏は言う。さらに、徒歩や自転車で通学していた昔に比べて、現代は車で通学する子供が増えています。
あなたの子供を説得して、画面を残して運動することは困難です。どうすればいいのでしょうか。
スクリーンを見ないで運動するように子供を説得するのは難しいです。その方法は以下の通りです。
「多くの子どもたちは、両親がまだ仕事から帰宅していない家に帰宅します。”その結果、コンピューターでゲームをしたり、テレビを見たり、不健康なスナックを食べたりすることが非常に多いのです。”
このような運動不足は、体重の面だけでなく、専門家によれば、懸念すべきことだという。定期的な運動は、心臓、筋肉、骨、代謝の健康増進に加え、協調性や敏捷性の向上に役立ち、その結果、血流が増加すれば、脳にも有効です。
「日常的に運動をしている子どもは、注意力や集中力が全体的に高く、学業成績の向上にもつながることが研究で明らかになっています」と彼女は言います。「また、衝動を抑え、感情をうまくコントロールすることにも役立ちます。